【Win/Mac共通】キャビネットシミュレータの外部IR(インパルスレスポンス)のインストール/保存場所【どこ置く?】




キャビネットシミュレーターソフトの外部IRデータの保管場所について、Twitterで質問があったので同じような問題について悩んでいる人のためになれば、と思いサクッと書きます。


とっても便利なIR(インパルスレスポンス)データ

IR(インパルスレスポンス)データというのは音の反響や空間の音場をWAVデータにして、それを読み込んでシミュレートするもの。


このIRデータをアンプシミュソフトやキャビネットシミュソフトと組み合わせれば、リアルでカッコいいサウンドを作れるっていうナイスな話です。

IRデータについてより詳しい記事はこちら。
参照リンク:
よりリアルなギターサウンドを再現できる!キャビネットシミュレーターとIRデータについて|SAKUMAG

 …なんですがこれ普通に考えたらわりとギークな使い方なので、PCの操作にあまり慣れていない人やDTMをこれからはじめよう!という人にはなかなかわかりづらい部分も多いですよね。

IRデータの保存場所

これに関してはぶっちゃけどこに保管してもOKなので、適当にカンタンにアクセスできるディレクトリに置いておくのが良いです。

なんかテキトーにわかりやすい名前つけたフォルダにまとめて一箇所に保存しとくのがいいですね。



IRデータは1個いっこが小さいデータなので容量もかさまないので、保存するのは外部ドライブでも本体ドライブでもどこでも全然OKだと思います。
僕は本体ドライブはなるべく余計なもの入れたくないので外部ドライブに全部ぶち込んでますけど。笑

IRデータの読み込みについて

用意したIRデータはキャビネットシミュレーターやリバーブプラグインなどで読み込んで使うことができます。




IRデータについてより詳しい記事はこちら。
参照リンク:
よりリアルなギターサウンドを再現できる!キャビネットシミュレーターとIRデータについて|SAKUMAG

関連記事

よりリアルなギターサウンドを再現できる!キャビネットシミュレーターとIRデータについて|SAKUMAG

フリーのアンプシミュレーター探してるやつちょっと集合【オススメ厳選まとめ】|SAKUMAG

【Win/Mac対応】プラグイン・音源のインストール/保存場所【どこ置く?】|SAKUMAG


0 件のコメント :

コメントを投稿