【2020年版】フリーのアンプシミュレータープラグイン探してるやつちょっと集合【オススメ厳選まとめ】

高機能・高クオリティのフリーのプラグインとかが多い昨今、じつはアンプシミュもすごいクオリティのものがたくさんあるんですよね。



でもWindowsでしか使えなかったり、逆にMacでしか使えなかったり、そもそもどれも海外のサイトばかりでどれがいいんだかさっぱり。。って感じで選びかねてる人も多いと思います。。

今回はそんな人たちのためにWinでもMacでも使えるオススメのアンプシミュを厳選して紹介していきます!それではフリーのアンプシミュレーターの世界へご案内🙋


まずはじめに

前回キャビネットシミュレーターとIRデータについて書いた記事の通り、市販のアンプシミュレーターでは総合的にアンプからキャビネット、エフェクターまで揃っていますが、フリーのアンプシミュレーターを使う場合は基本的にそれぞれ別に用意する必要があります。



  • アンプシミュレーター(必須)
  • キャビネットシミュレーター(必須)
  • IRファイル(必須)
  • エフェクター(必要に応じて)

フリーのアンプシミュレーターを使う場合、これら一式を用意する必要が。
「ちょっとめんどくさそう。。」なんて思うかもしれませんが、全然そんなことなくて準備さえできればフリーとはいえかなりナイスな音でギターを鳴らすことができるのです。

キャビネットシミュレーターとIRデータの詳細や入手先についてはこちらの記事を参照。
よりリアルなギターサウンドを再現できる!キャビネットシミュレーターとIRデータについて

Ignite Amps - Emissary

Ignite AmpsはディストーションやEQなどのプラグインもフリーで公開しています。
その中のひとつであるアンプシミュレーター「Emissary」は真空管アンプのアナログっぽい温かみを持った素晴らしいサウンドです。



ハイゲインなサウンドもザックザクでメタル然としててカッコイイのですが、クリーンのサウンドも意外といい感じ。もちろんメタル以外の楽曲にも使えるのでぜひお試しあれ。



GUIの真空管の光り具合もかっこいい。。かなり使えるアンプシミュです。

ダウンロードはこちら

Emissary by Ignite Amps - Amp Simulator VST Plugin, Audio Units Plugin, VST 3 Plugin and AAX Plugin

Peavy - Revalver 4



なんとあのPeavy(ピーヴィー)のアンプシミュレーターが無料で使えちゃう、というヤバい逸品。以前は有料だったのですが現在はソフト自体は無料で、必要に応じてアンプやプリセットを追加購入して使うというような感じになっているようです。

アンプ、キャビネット、エフェクターなどがすべて含まれたオールインワンのアンプシミュレーターなので正直これひとつあればすべてOK!それじゃ今回の記事はこれで終了!っていうくらいマジですごい。

機能面はもちろんサウンドも有名アンプメーカーだけあってハイクオリティー。これが無料だなんて信じられないくらい素晴らしい。

ダウンロードはこちらから

ReValver 4

Black Rooster Audio - Cypress TT-15




Black Rooster Audioによるフリーのアンプシミュレータープラグイン。もともと品質には定評のあるデベロッパーなので、フリーでもその品質は上々です。

OrangeのTiny Terrorというモデルのアンプをモデリングしたもので、クランチ〜ハイゲインまでOrangeっぽさのあるジューシーで気持ちいい音が出せます。

ダウンロードはこちら

AAX/AU/VST Audio Plugins from Black Rooster Audio

Nick Crow Lab - 7170 / 8505

どっからどう見てもPeavyのあのアンプを模倣したアンプシミュレーター「7170」
これがまたいい音で鳴るんですな。。



このNick Crow Labでは7170以外にもこんなアンプをフリーで配布中。



結果Peavyじゃねーかよ。しかもいい音。最高かよ。
71708505も、どちらもオススメです。

ダウンロードはこちら

Nick Crow Lab

NaLex Amp Sim

個人デベロッパーNaLex Amp Simでは数種類のアンプシミュレーターをフリーで公開しています。

NINJA



中でもこのNINJAはサウンドもハイゲインでメタル然としてるし、ビジュアルも非常に香ばしくて最高です。
NaLex Amp Sim: Ninja - Amp & Preamp

Prectifier



見るからにメサブギー!というレクチ感丸出しのモデリングアンプシミュ。
NaLex Amp Sim: Pectifier - Amp

J800



こちらもMarshallアンプ感むき出しのデザインとネーミング。
NaLex Amp Sim: J800 - Preamp

ダウンロードはこちらから

NINJAアンプといい、この公式サイトといいアンダーグラウンドな感じがたまらないですね。笑
NaLex Amp Sim

LePou Plugins

「フリーアンプシミュの王様」とも呼び声高いLePou Pluginsをご紹介。
LePou Pluginsでは5つのアンプシミュレーターをフリーで配布しています。



いい感じにゴリゴリですね!このサウンドがフリーで出せるとは素晴らしい時代。

動画で再生しているのは以下の4つ。
  • ENGLタイプのジャキジャキした音が特徴的な「LE456」
  • ハイゲインで乾いたサウンドが気持ちいい「LeGion」
  • MESA系のレクチっぽいドロっとした音の「LeCto」
  • Diezelタイプの中域にコシのあるザクッとした質感の 「LeXtac」
あともうひとつマーシャルタイプの「Hybrit」というのもあるんですが、あんまり好みじゃなかったので入れてません。笑

ダウンロードはこちら

VST 4 FREE - Free Audio Plug-ins Archives : LePou

2020/6/14追記:
LePouの公式サイトが消えてしまっており、現在は上記のVST 4 FREEやVST Museumなどのまとめサイトで入手可能です。

audiorammer - California Sun

エレキギター用のプラグインに特化したaudiorammer(旧Aura Plug)が配布中のOrangeタイプのアンプシミュレーター「Carifornia Sun」



ここまでで紹介した他のアンプシミュレーターはキャビネットシミュレーターとIRファイルが必要ですが、この「Carifornia Sun」はこのプラグイン単体でこのサウンドが鳴ります。楽チンですな。

軽くていい歪みが出るし、オススメです。
audiorammer
http://audiorammer.com/site/

おわりに

フリーのアンプシミュは他にも無数に存在するのですが、今回は実際に自分が試した物の中からWin/Mac両対応で使い勝手の良いものを厳選してピックアップしました。無料でここまでのクオリティーのものを配布している制作者の方やデベロッパーには本当に感謝ですね🙏

一応書いておくと、しっかりしたアップデートやサポートがあるプラグインを安心して使いたいのであれば、やはり製品版のアンプシミュレーターを使うのがベストであるということは間違いないです。

おまけ

【2020年版】イケてるアンプシミュレーターソフト・プラグインを全力で総まとめ【厳選オススメ】
この記事にあるフリープラグインでは物足りなくなった方はぜひオススメの有料の製品をピックアップした記事もチェックしてみてくださいね。ほとんど実際に持ってるので、めちゃくちゃ気合入れてレビューしてます。

関連記事

よりリアルなギターサウンドを再現できる!キャビネットシミュレーターとIRデータについて

【Win/Mac共通】キャビネットシミュレータの外部IR(インパルスレスポンス)のインストール/保存場所【どこ置く?】

【Win/Mac対応】プラグイン・音源のインストール/保存場所【どこ置く?】

コメント