音楽やDTM、Macなどを中心に管理人サクママタタが気になることを紹介するクリエイターのためのブログメディア。

2016年12月2日

MacのHDDやSSDが故障したときの症状と対処法を解説してみる



iMac 2011midを4〜5年使ってるんですが、それなりに使い込んでることもあってか先日HDDがお逝きになってしまいました。。


(ビミョーに映り込む生活感。。)

なんやかんやで自力で復旧して解決したんですが、同じようなことで困ってる人の役にでも立てればと思ったので解説してみます。

「最近Macが不調なんだけど、どこが悪いんだろう?」って悩んでる人や、「ハードディスクが壊れちゃったけど、どうしていいかわからない!」って人のお役に立てれば幸いです。


HDDはいずれ壊れるもの


まず大前提として、これ大事。
HDDの耐用年数は1万時間(4〜5年)と言われています。



当然メーカーや個体差によってはもっと長持ちする場合もあれば、もっと早く壊れる場合もありますので 一概には言えませんが、遅かれ早かれいつかは壊れるのは間違いありません。

なのでバックアップは必ず取るように心がけてください。
Macの場合はTime Machineというめちゃくちゃ便利なソフトが純正で入っているので、ぜひ活用してください。

HDDが故障するときの前兆


MacでHDDが壊れるときの前兆として挙げられるのは以下の要素。

①レインボーカーソルが頻発し、フリーズが多くなる
先日壊れたとき最初に前兆として感じたのはこれでした。


Mac使いならご存知のイヤ〜なカーソル


最近なんかMac調子悪いんだよなぁ

ぐるぐるのやつ(レインボーカーソル)めっちゃ出てきてダルい

読み込みや動作が明らかに遅くなってる

もしかしたらハードディスクがやばいかもしれない。。

こんな感じで、なんとなくすぐに察知できました。
しかしこれだけではまだ断定しにくいですね。

②起動やシャットダウンに時間がかかりすぎる
電源ボタンを押してから立ち上がるまでや、逆にシャットダウンを選択してから実際に実行されるまでが時間がかかりすぎたりする場合もHDDの故障の恐れがあります。


起動したときにこういうリンゴマークのまま進まなくなったりするのも、かなり怪しいです。OSが立ち上がらないときというのは、ソフトの問題だけでなくハードの問題であることも多いので、要注意。

もちろん必ずしもHDDが原因とも限らないので、いろいろ調べてみることをオススメします。

参照リンク:
Macが故障した!と思ったら確認するべきこと
http://www.sakumamatata.com/2014/04/mac.html

③起動したら画面が真っ白
電源ボタンを押して「じゃーん!」って起動音が鳴ってるのに、そのあとの画面が真っ白のままどーにもならない場合は超やばいです。


ほぼ100%、ハードの部分が壊れてます。
それがHDDの故障とは断定できませんが、かなり可能性は高いと言えます。

故障してるかも?と思ったときの対処法


長年Macを使ってきた経験上、故障したっぽいときの対処法というかやっておくべきことがいくつかあるので紹介しておきます。

①ディスクユーティリティでチェック・修復

まず、いったんMacの電源を切ってから、キーボードの Command + R を押しながら起動します。
「ディスクユーティリティ」という項目を選択すると、こんな画面が。


画面左側の赤い丸で囲んだ項目の中から、メインのHDDあるいはSSDを選択します。
そして画面右下の赤い丸で囲んだボタン「ディスクを検証」をクリック。

数分くらいかかりますが、ディスクに異常がないかを自動でチェックしてくれるのでのんびり待ちましょう。検証の結果、もし異常がなければそのままでOK。

なんらかの異常を検知した場合は、その下のボタン「ディスクを修復」が選択できるようになるのでクリック。ここからまた少し時間はかかりますが、これによって症状が改善されることもあるので試す価値はアリです。

②Apple ハードウェアテスト
  1. いったんMacの電源を切ってから、キーボードの D を押しながら起動します。
  2. Appleハードウェアテストが立ち上がったら、「テスト」ボタンをクリックして、実行します。
エラーが見つかった場合にはエラーメッセージが表示され、修理・交換すべき箇所が特定できます。

参照リンク
Apple Hardware Test の使い方:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201257

③データを救出しておく
HDDが完全に故障してしまうと当然入っていたデータは消失してしまうのでバックアップは当然のごとく必須です!データが消えてしまってから「どうしよう!」と騒いでも、あとの祭り。。

なのでMacであればTime Machineを使ったバックアップを日頃から行っておくのが必須です。あれはWindowsにはないめちゃくちゃ素晴らしい機能なので。

あと、ここで加えてオススメしておきたいのが、HDDのクローンも作っておくと便利です。(クローンとはHDDをシステムごとコピーして一つのデータにしたもの)
HDDやSSDなどを換装したりする場合に、このデータがあるとけっこう融通が利きます。

Carbon Copy Cloner(カーボンコピークローナー)というソフトがすごく便利。


公式サイトは英語ですが、ソフトは日本語で使えるので簡単に使えます。
有料のソフトですが、30日間のお試し期間があるのでそれを利用してHDDのクローンコピーを作っておくと、万が一の場合でも復旧作業が楽ですよ。

 ④OSをクリーンインストールする
ハードディスクの中身は消えてしまいますが、いったんクリーンインストールして使うことで問題が解消されることもあります。
この場合のデータの復旧はTime Machineか先述したクローンなどが簡単で便利なのですが、厳密にはクリーンインストールのあとバックアップから復元するよりも一から構築したほうが快適に使えるという説も。。

⑤HDDやSSDを交換する
「完全にHDDが故障してるな」と思ったら交換しちゃうのが手っ取り早いですね。
 
AppleCareに加入していて保証期間内であれば交換費用がかからない場合もあるので、まずはそちらを確認しましょう。

また、AppleCareに入っていない場合でも、リコール対象製品の場合は無償交換・修理をしてもらえます。ぼくも以前、ビデオカードの故障で問い合わせたらリコール対象だったので無料で交換・修理してもらうことができました。

参照リンク:
交換/リペアエクステンションプログラム
https://www.apple.com/jp/support/exchange_repair/
よく確認しておかないと、自費で修理するハメになるので調べるじゅうぶん価値はあります。笑

自分で交換することももちろん可能ですが、ちょっとめんどくさいのと失敗して他の部分まで壊してしまうリスクなどもあるのがネックですね。。


おわりに


ちょっと当てはまっててやばいかもな、って人は今のうちにバックアップをしっかり取っておいて、保証やリコールなどを確認しておくべきですよ。

ちなみにぼくは自力でHDD交換して、ついでにSSDも増設しちゃいました。笑
次回それも記事にするつもりなので興味ある方はお楽しみに。



音楽制作についてのご相談・ご依頼や、音楽をテーマにした記事執筆のご依頼などのお問い合せはこちらへどうぞ。

プロフィールはこちら

ブログの更新状況・新曲の投稿・その他近況などなどつぶやいております。
質問や相談、お問い合わせなどもお気軽にリプライやDMからどうぞ。


sakumamatata.com

0 件のコメント :

コメントを投稿