【2018最新版】プロ御用達の最強ドラム音源を比較してまとめてみた【DTMerにおすすめ】


 

打ち込みドラムの音がプロみたいにならなくてモヤモヤしてませんか?
有料の高品質なドラム音源を使えば、もっと時短できるし曲のクオリティもガツンと上がりますよ!

今回はプロ御用達のおすすめ有料ドラムキット音源・プラグインをまとめてみました。


Superior Drummer3(スーペリア・ドラマー3)



特徴

  • 7種類のキット、25種類のスネア、16種類のキックが収録
  • 約350種類のドラムマシンサウンドを収録
  • オーディオからMIDIへの変換に対応
  • 35種類のミキサー・エフェクト
  • 最大11chのサラウンドに対応
  • 最大235GBの超大容量ライブラリ

サウンドチェック



ポップスやロック、メタルだけでなく、ジャズやファンクなどはもちろんヒップホップやエレクトロなサウンドまでイケちゃう。なんせ350種類ですからね。

とにかくプリセットが豊富なのと、各キットの種類(スネアだけでも25種類)が多くてマジで最高です。最強に万能なドラム音源。優勝。

僕自身使っててめちゃくちゃ気に入ってるので、愛が深すぎて全力でレビュー書きました。
最強のドラム音源「Superior Drummer 3」を全力でレビュー(試聴デモあり)

お得な情報

扱ってるストアはたくさんあるけど、一番お得にゲットできるのはイケベ楽器パワーレック鍵盤堂さんですね。楽天のストアだからポイントも貯まるし、送料も無料だし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
TOONTRACK SUPERIOR DRUMMER 3
価格:41796円(税込、送料無料) (2018/9/3時点)


あとは、やっぱりサウンドハウスも安いですね。
TOONTRACK ( トーントラック ) >SUPERIOR DRUMMER 3 送料無料 | サウンドハウス

BFD 3(ビーエフディー3)


特徴

  • Ocean StudiosとOmega Recording Studiosでレコーディングされた119個のピースと7つの新しいキット
  • 最大8つのアンビエント・マイク・チャンネル
  • 33種類のエフェクト
  • 最大155GBを超える大容量ライブラリ

サウンドチェック

生ドラム音源としては最高峰のクオリティを誇るソフトで、なんと155GBを超える超大容量のまさにプロ志向の音源。他の追随を許さないほどのこだわりをもって収録されたサンプルの質の高さにはおもわず納得。

BFD 3 | Media Integration, Inc.

お得情報

ソフマップの楽天市場店が比較的お安くゲットできる様子。


しかしサウンドハウスには勝てない。やはり無敵。
FXPANSION ( エフエックスパンション ) >BFD3 ダウンロード版 送料無料 | サウンドハウス

Steven Slate Drum 4


特徴

  • 全てのジャンルをカバーする100のドラムキットと豊富なプリセット
  • 新たに開発されたSSDプレイヤー (Mac/PC VST/RTAS/AU)
  • Dream Theater, Led Zeppelin, Greenday, Nirvana, Pantera, Deftones, AC/DC, Red Hot Chili Peppersなどの著名アーティストのシグネイチャー・キットが含まれている

サウンドチェック



たくさんのドラムキットが入ってるし、どれも良い音だし実用性ありすぎ捗りすぎ。
ロック・メタル系がかなりアツい音で好き。

お得情報

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
YellowMatterEntertainment Steven Slate Drums 4(簡易パッケージ版)
価格:19440円(税込、送料別) (2018/9/3時点)


こちらはダウンロード版。
このレベルのドラム音源が20,000円以下でゲットできるとはお安い。


こちらはパッケージ版。
調べてみたらダウンロード版もパッケージ版もあんまり値段は変わらないので、好きな方でOKって感じですね。ただしパッケージ版は在庫限りなのでお早めに。

Addictive Drums2(アディクティブ・ドラムス2)


特徴

「ドラム音源といえば!」的なスタンダード的存在のAddictive Drumsシリーズ。前作は僕も使ってましたが、動作も軽快だし特徴的な音でかなり気に入って使ってました。

パワーアップしたAddictive Drums2は前作の良いところはそのままに、GUIやドラムキットなどが一新されてさらに強力なドラム音源に。初めてドラム音源買う人にもオススメです。

サウンドチェック



生ドラム系からドラムマシンっぽいサウンドまでいろいろ入ってて使い勝手よし。
お得感マックス。

ちなみにメジャーアーティストやアイドルの曲でも「あ、これまんまAddictive Drumの音だ」っていうのときどきあります。
それぐらい多くのシーンで使われてるってことですね。
Addictive Drums 2 - XLN Audio | 株式会社ハイ・リゾリューション

お得情報

今ならかなりお安くゲットできる模様。(2018/09/02現在)


Addictive Drums 2が10,000円で買えちゃう!めっちゃお得。
っていうか今そんな安いのか。。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
xln Audio/Addictive Drums2【オンライン納品】
価格:30240円(税込、送料別) (2018/9/3時点)

こっちの『Creative Collection』と銘打っているものはさらに追加で3つの拡張パックが入ってます。で、19,980円。安い。。

正直Addictive Drums2はパッケージの種類が多すぎて買うときどれ買えばいいのかワケわからん!ってなりがちですが、このふたつ押さえとけば大丈夫です。
あとは必要に応じて拡張パックを買う感じ。

EZ Drummer2(イージー・ドラマー2)



Superior Drummerシリーズの廉価版、弟分のドラム音源EZ Drummer
高クオリティなわりに、お値段も1万円台で収まるリーズナブルさがウリです。

サウンドチェック



汎用性の高い有名なドラムキットが多く収録されています。
また別売りの拡張パックではさらに様々なジャンルのドラムキットがありますが、特にメタル系の拡張パックがすげーいっぱい出ててナイスです。笑

お得な情報

アメリカ本国の公式サイトではこのEZ Drummerを10日間無料で試せるデモがダウンロードできるので、興味がある人は要チェック。
EZdrummer 2 | Toontrack

一番安く製品版をゲットできるのは国内ならサウンドハウス。
12,000円台で購入できるので、お得に入手できるチャンスですね。
TOONTRACK ( トーントラック ) >EZ DRUMMER 2 | サウンドハウス

(日本の代理店SONICWIREでも購入可能ですが、こちらでは16,200円での販売。ソフトウェア音源 「EZ DRUMMER 2」 | SONICWIRE

【おまけ】Chango Studios Drum Kit

最後に個人的な趣向まる出しのドラム音源をついでにご紹介。



近年のメタルコアやポストハードコア、Djent系などのサウンドプロダクションまんまのサウンドを出せる即効性がハンパないドラム音源。

このドラムサンプル音源のデベロッパーであるChango Studioは、モダンメタル・ポストハードコア向けのオーディオプロダクションツールに特化していることでこのジャンル界隈では確固たる地位を築いています。

 

こういう音を出したいときは一撃で「あーこれね!」ってサウンドになるのでオススメのチート音源。笑
使用するにはKontaktかWAVを読み込んでマッピングできるサンプラー音源(EXS24など)が必要です。

Drum Kits

超個人的ランキング

  1. Superior Drummer 3(最新かつ最強スペック)4万円くらい
  2. BFD 3(次いで強いスペック、めっちゃ良い音)3.5万円くらい
  3. Steven Slate Drums 4(ロックでガッツな音で好き)2.5万円くらい
  4. Addictive Drums 2(スタンダードな感じ)1〜2万円くらい
  5. EZ Drummer 2(リーズナブルで使いやすい)1万円くらい
有料のドラム音源の中でも特に筆頭となるのはSuperior Drummer3BFD3のふたつですね。制作の中で生ドラムのサウンドを多用するならこのどちらかを買うのをオススメします。とにかくこだわりまくれるので。笑

たまに使いたい程度、あるいはデモを聴いて「サウンド的に充分だな」と感じるのであればそのほかの音源でももちろんOKだと思います。

おわりに

DTMに限らず生音のレコーディングとかでもそうなんだけど、バンドサウンドのアンサンブルにおいてドラムは非常に大きな役割を果たしています。ドラムの音で曲のクオリティがかなり変わるんですよね。

レコーディングの場合はドラマーやドラムキット、エンジニア、マイキング、プリアンプ、スタジオの環境などなど、、ぶっちゃけかけれる予算でサウンドが大きく変わるんだけど(笑)

DTMなら一度気に入った音源を買えばそのドラムサウンドは永久的に維持できます。
なのでドラム音源にお金かけるのはかなり有効。

生のドラムのグルーヴ感や空気感はDTMで再現するのはなかなか難しいけど、クオリティの高いドラム音源を使えば、曲のクオリティもグッと上がること間違いなし。

0 件のコメント :

コメントを投稿