オートEQを搭載した31バンドイコライザーHoRNet「HoRNet ThirtyOne」が安いのにめちゃくちゃ使えて最高




オートEQが気になっているあなたに朗報。
「HoRNet ThirtyOne」は安い・負荷軽い・音も良くて最高なので完全に買いですよ。


「HoRNet ThirtyOne」って一体なによ?



HoRNet ThirtyOneはインテリジェント・スペクトラム・アナライザーによる自動解析機能を搭載した31バンドのグラフィックイコライザーです。

って書くと横文字だらけでなんのこっちゃって感じですね。笑
要するにトラックにブスッと挿してオートEQオンにすれば自動で良い感じにしてくれる優れものってこと。

これはこれでざっくりすぎる説明なので、次項から詳細な特徴を解説していきます。笑

31バンドで細かく帯域をイジれる



通常のEQプラグインよりもかなり多い31バンドで細かい帯域をイジることができます。
だからプロダクト名もThirtyOne(31)なんですね。

オートEQがスイスイ自動で補正してくれる



イチバンの目玉であるオートEQ機能。
こんなかんじでトラックに合わせてスルスル動いてくれます。

めちゃくちゃ値段が安い

NeutronをはじめGullfossやfrei:raumなどのオートEQが最近なにかと話題ですが、お値段もいずれも日本円にして2万円オーバーとそれなりにお高いプラグインが多いワケです。もちろんこれらのプラグインにはそれぞれお値段相応の価値がありますよ。(実際にデモで使ってみて確認済み)



ですが、このHoRNet ThirtyOneは定価わずか19.99ユーロ(約2,600円)
他の追随を許さぬリーズナブルぶり!!しかもこの値段とは思えぬクオリティで、本当にこんな安くていいの?!と心配になってしまうほど。

プラグインのGUIは他のEQの方がカッコいいですが...笑

めちゃくちゃCPU負荷が軽い

前項でも挙げたように他のオートEQはお値段も高いのですが、CPU不可もやはりかなり高いです。

が、このHoRNet ThirtyOneは激軽!
負荷が少ないのでどのトラックに挿してもレイテンシーがなく、個別トラックにもバスにもマスターにも自由に何個でも挿せちゃう使い勝手の良さも魅力のひとつです。

コピープロテクションしません宣言

ページの端っこに書かれている文章がとても気になったのでみんなにも見てほしい。笑

The HoRNet ThirtyOne has no copy protection,
I don’t believe in copy protection,
they are always cracked and they are annoying for the users,
we all know you are not going to give away the plugin on the internet…
So simply download the plugin and enjoy your recordings!

このソフトはコピー防止対策はしてないよ。
俺はコピープロテクションを信用してないんだ。
ユーザーをイライラさせるばっかりだし、結局いつもクラックされてるからね。
俺たちは君がこのプラグインをネットに流したりなんてしないと信じてるぜ...
それじゃ(コピー防止の手間がない)シンプルなダウンロードで、レコーディングを楽しんでくれよな!

イタリア人のプログラマーが個人で開発しているソフトだからなのか、陽気でおおらかな感じもありつつも、昨今の違法クラック問題とイタチごっこになっているコピー防止の認証システムについて一石を投じているような感じもあって非常に良いです。

こういったポリシーから「クラックするより買った方が楽だな!」と思えるような、この値段設定になっているのかもしれませんね。

おわりに

HoRNet ThirtyOne
オートEQ搭載型 31バンドイコライザープラグイン
AU、VST、VST3、およびAAXフォーマットに対応
Win・Mac両対応
19.99ユーロ(約2,600円)

31バンドオートEQの高機能で、CPU負荷も軽くて、しかもめちゃくちゃ安いとなると、これはもう買うしかないんじゃないの?という案件ですね。

ちなみに、まれに30%〜50%OFFセールとかもやってて最安1,000円で買えるときもあったので、チャンスを待つのもアリですね。

HoRNet ThirtyOne - HoRNet Plugins

0 件のコメント :

コメントを投稿