自宅に防音室をできるだけ安くカンタンに自作してみよう【賃貸でもOK】

どうも、さくま(skmmtt)です。

防音室って音楽やる人間としてはめちゃくちゃ憧れるけど、かなりお高いですよね。
それに大きいし、重いし、賃貸ではなかなか難しい。



それでもやっぱり欲しい!
となると、やはり手作りが有力。

今回は僕が自宅に作った防音のボーカルブースを例に、その作り方を紹介していきます。


実際に作った防音室


もったいぶってもしょうがないので、完成系のネタばらし。
実はもともと部屋にあったクローゼットをブチ抜いて、防音材・吸音材を設置してブースにしました。笑



クローゼットサイズなのでちょうど人ひとり入れるくらい。
ちょっと狭いですが、防音・吸音材をしっかり設置しているのでかなりデッドに音を吸う空間ができました。


こんな感じになります。
おそらく、自作防音室を最もカンタンに安く作る方法としてメモ。

自宅環境と、防音室に求めるスペック


自宅で音楽をやるために安アパートを避けて、鉄筋コンクリート造の賃貸マンションに住んでます。木造アパートよりは防音性が高いとはいえ、大声で歌ったりアンプを鳴らしたりすれば当然まわりの部屋にも聞こえてしまいますよね。

近所迷惑で苦情がきたりトラブルになるのも嫌だし、かといってガマンして思うように音楽ができないのも嫌だ。。

完全防音でなくてもいいので、がっつり歌ってる声が普通の話し声くらいに抑えられるような防音室があれば夜中や早朝でなければ問題なさそう。

どんな防音室が最適か?


防音室もいろんなタイプが存在します。



最もポピュラーなのがヤマハの「セフィーネ」「アビテックス」シリーズや、カワイ楽器の「ナサール」シリーズですが、最も安い0.8畳サイズで50万円以上と金額がお高い。。



しかし最近ではボーカルブース大の防音室のラインナップが増えてきており、価格帯もだいぶお安く!



とはいえ、それでも最低10〜20万円以上は必要。
うーん、もう一声!


防音室界隈でいちばん最安値の「だんぼっち」でようやく7〜8万くらいで購入できるといったところ。あんまり変わらん。

調べてるうちに「もしかしてホームセンターなどで材料を集めて買った方が安くできるんじゃないだろうか?」と思うように。

どうやって自作しよう?


値段的にも自作の方がお安くできそうだし、カスタムの余地があっていいかも?と思い、いろいろと調べてみました。

まずは「防音室のハコそのものをどうするか」から考えはじめました。

防音室を自作するなら、まずハコそのものを作る必要がありますね。
値段と加工しやすさを考慮すると木材がいちばん現実的かと思います。

超ざっくりですけど、これくらいあれば人ひとり入ってボーカルを収録することは可能。

ボーカルブース向け防音室の平均的なサイズ(超ざっくり):
(外形寸法)横幅100×奥行100×高さ200cm

このサイズ感のハコを作るために必要な木材の費用を試算したところ、おおよそ3万円分の木材が必要です。(最寄りのホームセンターで購入する場合)
ある程度きちんと強度を保てる設計で、骨組みや壁面の木材を用意するとなるとこのくらいは見ておいたほうがよさそう。

そして、これだけの木材を購入して自室に運ぶことや、組み立てるための道具、それらの手間を考えると一気にめんどくさくなってきました。笑

クローゼットぶち抜き計画


そこで考えたのがクローゼットぶち抜き計画。
もうハコ型になってるし、人ひとりくらいならなんとか入れる!クローゼット最高!


こんな感じ。
めちゃくちゃ普通のよくあるクローゼット。


中を開けてもめちゃくちゃ普通のクローゼット。
お前も防音室にしてやろうか。。

というわけで、ジャマな棚板とハンガーかけをぶち抜き。


よくよく見てみれば、こういうのはだいたいネジでとまってるだけなので+ドライバーがあれば外せちゃいます。


すぐ取れた。
ってことはまたすぐ戻せるってことなので、賃貸でも安心。

これだけでハコ部分は用意完了。

所要時間30分程度。
費用はゼロ。

自作防音室に必要な材料


ハコができたら、やっぱり防音するための素材が必要。
なるべくお金はかけたくない(僕みたいな)人のためにちゃんと安いプランを考えてますよ。笑



壁面 | 遮音シート | 吸音材

こういう並びで防音材を取り付けていきます。
それぞれの材料について以下で説明していきますね。

遮音シート



防音性能を高める基礎材料として、最も一般的に流通している商品です。
いわば防音や遮音をお考えの方にはスタンダードな防音資材といえるでしょう。

音を遮断するための素材。
この遮音シート自体の防音性能はそんなに高くないですが、他の防音材と合わせて使うことでさらに効果的な防音性能が得られます。


吸音材



音というのは「周波数による振動」なので、この振動を吸収して通過させないことが防音における重要なファクターです。

その点、吸音材は音の振動を吸収する高い防音性能を持っています。
材質の密度と質量、厚みでかなり防音性能が変わるのですが、このGCボードは超ナイスです。(僕もこれ使ってる)

スタジオやライブハウスでも使われている建材なんですが、自宅スタジオの防音にもピッタリです。これ5枚セットで2万円なんだけど、ボーカルブースくらいのサイズならこの吸音GCボード5枚あればじゅうぶん覆いきれるっていうか余っちゃうくらい。


似たようなものだと、ホワイトキューオンなんかもいい感じです。



ただ、やっぱ色がブラックのほうが防音材っぽくてカッコイイので僕はGCボードをゴリ押し。笑

というわけでここまでで必要な素材はこの遮音シートと吸音ボードのみ。
両方合わせても27,000円程度。お安い。

防音室を作ろう!


さて、それではまずは壁面に遮音シートを貼り付けていきます。

遮音シートの貼り付け方法




遮音シートはロールになっているので、加工が必要な場合はカッターで適宜カットしていくこと。わりとサクサク切れますが、手足のケガや床にキズをつけないように注意。



こんなかんじ。
ちなみに壁面に貼り付けるのにはタッカーを使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
「ミニタッカー」 遮音シート(防音シート)の貼付けに!
価格:1080円(税込、送料別) (2017/3/23時点)

でかいホチキスみたいなやつですね。
クローゼットの中のベニヤ材みたいな木壁だったら余裕で撃ちぬけるので、コイツでバチーン!と遮音シートを留めちゃいます。

壁にシート貼るのに接着剤使っちゃうと元に戻せなくなっちゃうし、賃貸での現状復帰にも最適。



吸音ボードの取り付け方法

吸音ボードは厚さが5cm以上あってタッカーでは留められないので、ここは強力両面テープや接着剤で付けちゃいましょう。遮音シートの上に貼るだけだから元の壁にはダメージなし。無問題。


取り付けてみると、こんなかんじ。



お、一気に防音室っぽくなった。いいですね。

ちなみにこの吸音ボードの中身は「グラスウール」というガラス繊維でできた綿状の素材なので、作業の際は吸い込んだりしないようにマスクを着用すること。
あと肌に刺さるとチクチク痒くなるので長袖で軍手などをして作業すること。もしチクチクしたらお湯で洗ったりお風呂に入ると取れやすいですよ。

吸音ボードもカッターを使ってザクザク切れますが、厚みもあるので勢いあまって手を切ったり刃が折れてしまってケガしたりしないように十分ご注意を!




足元にも吸音ボードとコルクマットを敷いてみた。



しっかり敷き詰めておくとより吸音できます。ちょっとムニムニするけど。笑

そしてここまで費用はまだ2万円台でおさまってます。

クローゼット防音室、ほぼ完成!


さて、これでもうほぼ完成です。



真っ黒で味気なかったので、IKEAで買ったラグを掛けてみました。笑

こんなかんじの防音室が材料さえ揃えば、所要時間は半日もあれば出来ちゃいます。
これはネット上に出てる自作防音室のなかでも最安の部類ではなかろうか。

防音室の性能はどんなかんじ?


それっぽいブースができたところで、性能の検証をしてみましょう!

測定の条件は以下のとおり。

  • 測定に使うのはiOSアプリ「騒音計」 
  • 扉の開閉時の音の大きさ(dB)を測定する 
  • 音源はBluetoothスピーカー(JBLのFLIP3)をブース内で音量MAXで鳴らす 
  • 曲はきゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」(音圧オバケなので)



写真だけじゃイメージしにくいと思うのでわかりやすいように動画にしてみたんですが、伝わりますかね、、笑


扉が開いている状態(開放)



扉が開いている状態ではこんな感じ。
平均96dBの音量でにんじゃりばんばんしてます。もうパーティー状態。

このスピーカーちっちゃいのに出力デカくて、音量MAXにするとめちゃくちゃうるさかった。笑
実際に96dBというのはカラオケやパチンコ店内くらいの騒音だそうです。

扉が閉まっている状態(防音)



扉が閉じている状態ではこんな感じ。
平均67dBの音量でにんじゃりばんばんしてます。控えめばんばん。

67dBくらいだと友達とベラベラおしゃべりしてる的な音量感なので、夜中でなければそこまでうるさく感じる音の大きさではありません。

このクローゼットがある部屋から出るとさらに小さくなるし、家を出るとほぼ聞こえません。隣や階下の号室でも騒音はあまり感じられないのではないかと思います。たぶん。

測定結果



閉め時67dB、開け時96dBの平均値から計算すると

96-67=29

なので、D-29の防音レベルとしました。
測定方法とかはアバウトなので正確ではありませんが、参考までに。

おわりに


当初の予定だった「会話レベルの音に抑えたい」という目標はじゅうぶん達成できたので僕としては大成功です。
市販の防音室もD-30とかD-35とかなので、DIYのテキトーな突貫工事にしてはいい結果が得られたのではないかと思います。

ちなみに単純に音量の測定をしてますが、厳密に言うと周波数帯域によっても変わってきます。
低域〜超低域は吸音材だけではあまり防音することができないので、より質量の多い防音材を設置する必要があります。

参照リンクと謝辞


こおろぎさんのブログを参考にこの記事を書きました。ありがとうございます。
防音室を作りたい方のためにうちの防音室のスペックとか費用とか設計図とか道具とか色々書いてみます

GANOさんのブログでは防音についてイラストも交えて解説してくれているのでとてもわかりやすいです。ありがとうございます。
音楽やるならやっぱり大事!部屋を防音してみました。防音とは何か、音の伝わり方も勉強します。 - Past Orange



音楽制作についてのご相談・ご依頼や、音楽をテーマにした記事執筆のご依頼などのお問い合せはこちらへどうぞ。

プロフィールはこちら

ブログの更新状況・新曲の投稿・その他近況などなどつぶやいております。
質問や相談、お問い合わせなどもお気軽にリプライやDMからどうぞ。


0 件のコメント :

コメントを投稿