新世代のミクスチャー(ラップメタル)がクソかっこいい件について

ミクスチャーって言葉、最近聞かなくなりましたよね。時代の流れは早いもので。


どうも、さくま(skmmtt)です。
今回は『新世代のミクスチャー(ラップメタル)がクソかっこいい件』について。


そもそもミクスチャーとは?


ミクスチャー・ロック(Mixture Rock)は、主に日本において扱われるロックのジャンルの一つ。 ミクスチャー(mixture)・ロック(rock)という言葉は、正確に直訳すれば額面的に「様々なジャンルの音楽とロックを混ぜ合わせた」という意味にとれるが、日本で一般的に認知されている意味合いは上述の通り、ラップロックラップメタルの別名としてのものである。(Wikipediaより抜粋)

ロックバンドにラップをのっけたりクラブ系サウンドの要素を入れたものがミクスチャーって呼ばれてます。有名なとこでいうとDragon AshとかMad Capsule Marketですかね。(マッドカプセルのメンバー・上田剛士氏は現在BABYMETALへの楽曲提供など幅広い活動をされております。)



この頃よくあったこういうCGのミュージックビデオってなんなんすかね?
B-DASHとかもよくやってたけど、なんかめっちゃ時代を感じる。笑

今「ミクスチャー」はもはや死語?


ミクスチャーロックという言葉が死語になりつつある
WEBマガジンのBASEMENT TIMESでもこんな記事がありましたが、まさにこんな状況。
今の20歳くらいのキッズにはミクスチャーって言葉、なじみがないみたいです。

LINKIN PARKなんかは知ってると思うけど。
Hed PEやStuck Mojoなんてみんな知らないよね。。



日本ではミクスチャーって呼ばれてたけど、アメリカとかではラップメタルって呼ばれてました。めちゃくちゃ怖い人たちが爆音でプレイする悪い音楽。

そんなラップメタル、今ではさらに進化を遂げています。

新世代のミクスチャー?がヤバいことになってる


今やミクスチャーもラップコアも死語になりつつあるものの、サウンドのテイストは受け継がれている部分もあります。

ここではいくつかオススメのバンドをピックアップしてご紹介。

Volumes


このVolumes(ボリュームス)というアメリカのバンドは、 ラップを担当するメンバー、シャウトを担当するメンバー、ボーカルを担当するメンバーがそれぞれ別に存在する3MC編成のバンド。

Djentなどのサウンドにラップとシャウト、メロディアスなボーカルをのせた感じで、まさに新世代のラップメタル。こういうスタイルのラップ、LIMP BIZKITのボーカル・Fred Durstをちょっと彷彿とさせますね。

Issues


Issues(イシューズ)はメタルコアやDjentをベースに独自のアレンジをブチ込んでくるバンド。驚くことにメタルコアにR&Bをブチ込んできます(ビデオの2:45あたりから参照)
このアレンジがまたやたらカッコいいんですな。



クリーンボーカルの声が甘すぎて歌い回しとかも完全にR&Bの人なのにマッチしてるヤバさ。ボーカルは声だけじゃなく瞳もキレイすぎなのが気になってしょうがないです。笑

Issuesはラップコアのくくりではないんだけど広義にミクスチャーという意味で言うとメタルコアとR&Bのミックスはなかなかお目にかからない、とんでもないセンスのバンドなのでイチオシさせていただきます。

DVSR


DVSRはオーストラリアのバンドで、ラップの比率が多いラップメタルですがサウンドは完全にメタルコアやDjent。このサウンドでシャウトや甲高い声のクリーンボーカルが入らないバンドは逆に珍しいのでピックアップしてみました。

要所要所で見られるクリーンパートの叙情的でメランコリックな雰囲気が現行のサウンドっぽいですね。

Hacktivist



HACKTIVIST(ハクティビスト)はUKのバンドで、正統派ラップメタルっぽいですがやはりサウンドは今のトレンドっぽい。ミュージックビデオのドラマ部分に登場する青いシャツの男のとっちゃん坊や具合がなんかミスマッチでジワるww

 
The Qemists(ザ・ケミスツ)というPendulumライクなドラムンベースをプレイするバンドともHACKTIVISTはフィーチャリングしてますが、これまたよりデジタルな感じでとてもカッコ良き。

Crystal Lake


最後は日本のバンドでシメたいのでこちら。
Crystal Lake(クリスタル・レイク)は日本を代表するメタルコアバンドですがメンバーのルーツにラップメタルがあるためか、ラップメタル界伝説のアニキLIMP BIZKITをカバーしてます。シビれるかっこよさ。

ヒップホップユニットのOZROSAURUS(オジロザウルス)とバンドを結成するなど、ブッ飛んだ活動の幅の広げ方で目が離せません。

おわりに


個人的な趣向丸出しの記事となりましたが、今後ともこういうのを小出しにしていきますのでお好きな方はぜひお付き合いくださいませ。笑

ぼくの音楽的ルーツには小・中学生のころから聴いていたクサメタルがあるため、こういう現行のメタル以外にももっとイチオシしたいバンドがいるんですがそれはまた次の機会に。。(果たして需要があるかどうかw)

それでは今日はこの辺で。




音楽制作についてのご相談・ご依頼や、音楽をテーマにした記事執筆のご依頼などのお問い合せはこちらへどうぞ。

プロフィールはこちら

ブログの更新状況・新曲の投稿・その他近況などなどつぶやいております。
質問や相談、お問い合わせなどもお気軽にリプライやDMからどうぞ。


0 件のコメント :

コメントを投稿