【筋トレ】自宅で懸垂ができる「ドアジム」を買って筋トレを始めたらすごい調子良い


「健康のためにも筋トレしよう!」とは思いつつも、どうも続かない...って人多いんじゃないでしょうか。

僕も曲作りしてるときって座ってばっかりなんですけど、座りっぱなしは健康に悪いって最近よく聞くし、なんか筋トレでもして体を動かそうと思ってある物を買ってみました。



ドアジムという製品。
これがめちゃくちゃよかった。


自宅で気軽に懸垂ができる「ドアジム」

見た目はすごくシンプルな金属製の突っ張り棒なんですけど(笑)
しっかり頑丈で100kgまでの負荷に耐えられます。



名前のとおりドアの枠とかに突っ張らせて使います。
対応してる横幅は50〜100cmまで。

通るたびに「お、いっちょやってみっか!」という気分になる

自宅での筋トレって腕立て伏せとか腹筋とかならいつでも出来るんだけど、なんだかんだ「いつでもできるから別に今じゃなくてもいいや」と思ってついやらなくなってしまいがちじゃないですか。

このドアジムの良いところは設置したドアを通るたびに「そういえばここで懸垂できるな。ちょっとやっとくか」という気持ちになること。

  1. 筋トレの敷居が下がって気軽にやるようになる
  2. 頻度が増えて体が慣れていく
  3. 回数がこなせるようになる
  4. 1日にこなせる上限が増える
  5. 気が付くと結果にコミットしている

この素晴らしい流れ、勝利の方程式💪

僕もドアジムを取り付けたときは一度に10回、時間をあけて4セットで1日で40回くらいしかできなかったんですが、始めてから1ヶ月程度で一度に20回以上を4セット、1日に80回くらいできるようになりました。(80回もやるとさすがに翌日は筋肉痛でバキバキになるので毎日はできない。。)

片付けとか必要ないから楽チン

腹筋ローラーとかプッシュアップバーとかも持ってるけど、筋トレするときに出してそのままだと床にゴロゴロ転がってるのもジャマくさいし、かといってその都度片付けるのもめんどくさい。めんどくさがりには向いていないのだ。

でもこのドアジムはつけっぱなしでいいので片付けも何も必要なし。めんどくさがりに向いている。良き。

注意点

設置ポイントに注意!

ご自宅のドア枠や壁と壁のあいだなど設置できそうなポイントはいろいろあるとは思いますが、100kgの重さに耐えるツッパリ棒なのでそれなりの強度がある枠や壁などでないと穴が空いたり破損する恐れがあります。

きちんと確認してから設置することをお勧めします。ベストなのはコンクリートで出来ている部分。それ以外の場所でも突っ張ってみていけそうならわりと大丈夫です。笑

ゆるめ方向に注意!

仕組みは突っ張り棒と同じでひねって回すとと伸び縮みするので、ゆるめ方向に握って懸垂すると落下してしまう恐れがあります。

懸垂するときは必ず締め方向に力がかかるように握りましょう。順手・逆手と握り方をスイッチする場合は必ず締め方向に荷がかかるように体の向きを変えてやったほうがいい感じです。

地味に買ってよかったもの認定

僕自身「筋トレやるぞー!」って意気込んで始めるとめんどくさくなって全然続かないヘタレなんですけど、通るときにパッと目に入って「お、ちょっとやるか」くらいハードルが下がると意外と続けて出来てるのでこれは買ってよかったなぁと思いました。

あとは、ぶら下がってダラ〜ンと体を伸ばすだけでも気持ちいいので、オススメです。

値段もクソ安いし。
ドアジムいいぞ〜。


あと筋トレとともに、このプロテインも飲んでます。

1kgで2,000円くらいでリーズナブルなのでもったいぶらずにガンガン飲める。

ソイ(大豆)プロテインで植物性なので、筋肉増大・ムキムキになるためというよりは健康維持のためって感じ。これで食事で補いきれない分のタンパク質(必須アミノ酸)などを摂取しまくっています。

おわりに

筋トレとか運動とかめんどくさいけど体壊したり調子悪くなっちゃったらもっとめんどくさいので、そうなる前に積極的に体のコンディションを整える運動やトレーニングをしておきたいですね。健康って大事。


0 件のコメント :

コメントを投稿