オススメのアンプシミュレーターソフトを紹介しちゃうの巻

マーシャル、メサ、オレンジ・・・
この世のすべてを手に入れた男「アンプシミュレーター王」サクマ・マタタ!
彼の死に際に放った一言は、人々をネットの海へかり立てた。

「オレの財宝か?欲しけりゃくれてやる。探せ!この世のすべてをそこへ置いてきた!!」

男たちはラインで録れる最高の音を目指し、夢を追い続ける。
世はまさにアンプシミュレーター戦国時代!!!



どうも、アンプシミュレーター王ことサクマ(@skmmtt)です。
今回はアンプシミュレーターのお話。
(ふざけすぎてすみません、内容はいたってマジメです。笑)



アンプシミュレーターとは


ギターアンプをシュミレートしたエフェクターの一種で、様々なメーカーのモデリングアンプを擬似的に再現し音を出すことができます。
一般に宅録環境など大きいアンプを使って音を鳴らしたりすることが難しい場合に代用的に用いられますが、ギタリストがステージ上のパフォーマンスで使用するケースもあります。



一昔前ではどうも「アンプシミュレーターくさい音」という感じが拭えないところがありましたが、ここ数年の技術の進歩により再現の精度も上がり、本物と区別がつかないレベルに近づいてきています。

自宅で作曲したり、デモをレコーディングしたりすることが一般的になってきた今、ギタリストにとって欠かせないツールのひとつであることは間違いありません。

「でも種類がいっぱいありすぎてどれがいいかわからん!実際どれがいいのか知りたい!」

今回はそんなあなたのために、このアンプシミュレーター戦国時代で名乗りを上げているイチオシのアンプシミュレーターたちを紹介していきます!

AMPLITUBE 4


IK Multimedia社 のアンプシミュで「アンプシミュレーターといえばコレ!」って感じの定番ソフト。バージョンも今やということで、ベテランの風格です。



機能としてはモデリングアンプだけでなくキャビネットや部屋の鳴りもシミュレートしており、ヴァーチャルで3Dマイキングも可能。
サウンドも機能性も総合的に優れたアンプシミュレーターです。



こちらは公式デモ。クオリティ高い!
これと同じ音が出せるかは使ってみないとわからないのがアンプシミュレーターの難しいところ。笑



対してこちらは一般YOUTUBERの方の動画。
0:39〜からAMPLITUBEを使ったサウンドをチェックできます。

使用機材は
オーディオインターフェイス:Focusrite Scarlett 2i2
DAW:Studio One 3

公式の使用環境がわからないクオリティ高いデモより、こういう動画の方が使用環境が身近で参考になりますよね。



こちらは使用機材がわかりませんが、やはりナイスな音。
Marshall、ENGL、Soldano、MESA BOOGIEなどなど…
いろんなモデリングアンプを試している様子。


AMPLITUBE 4(64bit)
Windows/Mac対応
税別€149.99(日本円で¥19,000〜20,000前後)


公式ホームページ:
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/amplitube4/




Guitar Rig 5


こちらはオーディオプラグイン、ソフトウェア音源で有名なメーカーNative Instruments社 のアンプシミュ。



17のアンプ、27のキャビネット、54のエフェクトモデリングを併せ持ち、マイクとポジショニングの設定による詳細なサウンドの調整が可能なソフト。
ラムシュテインのギタリストとコラボしたアンプ・RAMMFIREが標準搭載なのには驚きました。

個人的にはこのソフトはUI(ユーザーインターフェイス)があんまりカッコよくないと思う。笑



いろんな名曲のギターリフなどをガシガシ弾いてる外人の動画から。

使用機材は
ギター:Carvin DC KOA
オーディオインターフェイス:Line 6 UX2
DAW:Cubase 8 Elements

これも簡単に揃えられる宅録環境で参考にしやすいと思います。


こちらもたくさんの名曲(往年のメタル多め)のギターリフをガシガシ弾いてます。
使用機材は不明ですが、どんな音が出せるかを視聴できて参考になりますね。


Guitar Rig 5
Windows/Mac対応
¥24,800

公式ホームページ:
https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/guitar/guitar-rig-5-pro/



GTR3




こちらはオーディオプラグインの超有名メーカー・Waves社が開発するアンプシミュレーターGTR3。
19種類のギターアンプ、7種類のベースアンプ、22種類のキャビネット、26種類のストンプをモデリングしています。


使用機材は
ギター:Redhouse T-Style with Klein mid-scooped Tele pickups
オーディオインターフェイス:AVID Mbox Pro 3

ストンプ(ペダルエフェクターモデリング)を多用していろんなギターサウンドを披露してくれています。



こちらはメタルよりの音作り。かっこいい。w

使用機材は
ギター:Ibanez Xiphos XPT 700
オーディオインターフェイス:Focusrite Saffire Pro 24
DAW:Logic Pro X

ちなみに俺もこのソフト持ってるんですが個人的には歪みの音があまりしっくり来ずでした。。

GTR 3
Windows/Mac対応
¥22,680
今見てみたらセールでなんと¥5,100でした!
狙ってた方はこの機会にぜひ。

公式ホームページ:
http://www.minet.jp/brand/waves/gtr3/



BIAS Desktop


Positive Grid社の開発するアンプシミュレーター。
比較的まだ新しいソフトなのですが、新参者と侮ることなかれ。
非常に高機能で新たな定番となりつつあります。



36タイプのオーセンティックなモデリングアンプ(上位版ではさらに多くのアンプが選べる)、真空管タイプからトランス、スピーカーまでフル・カスタマイズできます。

さらにToneCloudという独自のサービスで無限のアンプ・モデルをダウンロード可能。
また、iPad & iPhoneアプリBIASとも同期可能で、外でも自宅でもお気に入りのサウンドを鳴らせます。
iRig使う人には非常にナイスですね。



使用機材は
オーディオインターフェイス:Line6 UX2
DAW:Studio One

この人の部屋は完全にガチ勢のやつですが、使用機材は実現可能な範囲。
いい音出してます。

ちなみに公式ホームページで公開されているデモはこんな感じでした。



BIAS Desktop
Windows/Mac対応
通常版 ¥8,980
上位版 ¥22,000

公式ホームページ:
http://www.minet.jp/brand/positivegrid/bias-amp-desktop/


POD Farm 2.5


モデリングアンプといえばこのメーカー・LINE6が開発するアンプシミュレーター。
ギタリストなら誰もが知っているであろうPODシリーズのソフトウェアです。


俺は最初に買ったオーディオインターフェイスがLINE6 UX-2だったのでこれも持ってます。使った印象で言うと、グラフィカルで使いやすいけどサウンド的にはハード版のPOD HDとかには劣るかなーって感じでした。
ちょっとアンプシミュレーターくさい音がします。笑



こちらは公式の動画から参照。
使用機材は
オーディオインターフェイス:LINE6 UX-1
DAW:Propellerhead Record

ベースのRECから、ギターはクリーンパート、歪んだギターまで一通りのサウンドをチェックできます。

また公式ホームページから無料で使えるPOD Farm FREEもダウンロードできるので、気になる方はまず試してみては。

POD Farm 2.5
Windows/Mac対応
通常版 $99(¥10,000前後)
上位版 $299(¥30,000前後)

公式ホームページ:
http://line6.jp/products/pod-farm/


Revalver 4



最後に紹介するのはギターアンプで有名なPeavey社のアンプシミュレーター・Revalver 4です。
当然というか5150などをはじめとした自社アンプモデリングが多いですが、オーソドックスなアンプは一通り収録されている様子。



体験版を試してみたのですが、これがなかなか良い音!
解説している俺自身も製品版の購入を検討中の一品です。笑


公式の動画で紹介されている通り、機能としては様々なモデリングアンプやキャビネットシミュレーター、マイクを選んだりペダルエフェクト、アコースティックギターのシミュレートなどが使えるなど総合的なアンプシミュレーターとして申し分ありません。

しかし、その中でも特筆すべきは回路図を見ながら電子部品を交換・改造できる機能・tweak!なんとマニアックな!



抵抗値を変えたり真空管を替えたりできる無限の自由度がありますが、回路を間違えると音が出なくなるというシビアさもあり、めちゃくちゃ楽しそうです。笑

Revalver 4
Windows/Mac対応
$99.9(¥10,000前後)

公式ホームページ:
https://peavey.com/products/revalver/


まとめ


いかがでしょうか?お気に入りのアンプシミュレーターは見つかりましたか?
楽しくなってきていっぱい紹介してしまいました。笑
本当は他にも色んなソフトがあるんですが、一応オススメってことで6つピックアップしてみました。

さらに厳選してオススメするとしたら

  1. AMPLITUBE4
  2. BIAS Desktop
  3. Revalver 4

この3つが個人的オススメです。

各ソフトとも体験版や無料版などを用意しているので、それを試してみて決めるのがお気に入りのアンプシミュレーターを見つけやすいですよ。


それじゃ今日はここまで!バイバーイ!



ちなみに過去にこんな記事も書いてます。


Amplion Proを買ってみた - ついでにアンプシュミレーターを比較してみる - SAKUMAMATATA



ブログの更新状況・新曲の投稿・その他近況などなどつぶやいております。
気軽にフォローミーベイビー。


プロフィールはこちら

お問い合せやお仕事の依頼はこちらへどうぞ。

0 件のコメント :

コメントを投稿