ターンテーブルをストップした「ギュイーン!」的なピッチダウン/アップをLogic Xで作ろう!



今回はタイトルのとおり、タンテでレコードをストップさせたときになる「ギュイーン!」って音とかそういう効果が欲しいときに重宝する小技をご紹介。

ジャンル問わず使えるし、効果音作りにもバッチリ使えるのでオススメ。


フェード/速度チェンジを使いこなそう

やり方はすごくカンタンで「ギュイーン!」ってしたいオーディオリージョンを選択して、パラメータを設定するだけ。



こんなかんじの画面。
左側に「フェードイン」とか「フェードアウト」とか書いてあるところがありますよね。
ここでパラメーターをいじるわけです。

まずは速度ダウンから



このフェードアウトってところをクリックすると「速度ダウン」ってのが出てきます。
この速度ダウンっていうのは「指定したオーディオリージョンの末尾を速度ダウン(ピッチダウン)させますよー」っていうことです。



で、その速度ダウンする長さを決めるパラメーターがここ。
数字が多い方がギュイーンが長いわけですね。



で、選択したリージョンの速度ダウンのパラメーターを設定すると「速度ダウンのフェード」が赤くリージョンに表示されます。これで完了。

どんな音がするかというとこんな感じ。

速度ダウン・デモ①

最後のテープストップ的なサウンドね。これがなにかと便利なんですよ。
うまく繋がらないフレーズとか、音と音のつなぎとかにスイッと使える。ナイス。

速度アップもあるよ

まったく同じ要領で逆のギュイーンも可能です。



これをこうして。。



こうすると。

速度アップ・デモ②


こんな感じになるわけですな。

クロスフェードも出来ちゃうよ

合わせ技というか、こんなこともできるよーというTIPS。



こんな感じのクロスフェードが選べます。



こんな感じになりますね。

さらにゴリゴリに使うとこうなります。



速度クロスフェード・デモ③



このサンプルトラックは全部ループ素材だけど、この速度アップ・ダウンを入れるだけでも変化がつけれらるし、ギュインギュインしまくって遊べて楽しいですよ。

おわりに

Logic使っててもこの辺イジったことないな、って人もけっこういるかもしれませんね。
いろんなジャンルでいろんな使い方ができるので、ぜひお試しあれ。



音楽制作についてのご相談・ご依頼や、音楽をテーマにした記事執筆のご依頼などのお問い合せはこちらへどうぞ。

プロフィールはこちら

ブログの更新状況・新曲の投稿・その他近況などなどつぶやいております。
質問や相談、お問い合わせなどもお気軽にリプライやDMからどうぞ。


0 件のコメント :

コメントを投稿