ジンギスカンが苦手な人でもイケちゃう札幌の老舗「だるま」が超オススメ

先日、札幌に出張へ行ったのでせっかくだからご当地のものを食べようと滞在中に色々と食べてみました。



札幌といえばジンギスカン。ということでジンギスカンのお店はあちこちに腐るほどあるけど、やっぱりその中でもより美味しいのが食べたいっすよね。



札幌すすきのにある老舗「だるま」


かなり有名店なので知ってる人も多いと思うけど、僕は北海道初めてだったのでこの店がどれだけ人気なのか全く知りませんでした。

この「だるま」は本店・支店を合わせて3店舗(厳密には4)あるのですが、本店に行ったら人気すぎてめちゃくちゃ大行列が出来てました。。


そこで、少し歩いたところにある支店「だるま6.4店」へ。
(ちなみにこの6.4っていうのは通り・番地のことで札幌は「南6条西4丁目」といった具合にくっきり分けられて交差点の名前なんかもそうなってます。ちょっと京都みたいな感じ。)

本来は本店だけでなく支店もめちゃくちゃ混んでるらしいのですが、僕が行ったときにはけっこう空いていて他のお客さんに「お兄さん、今日はすごい空いてるからラッキーだね!」って言われました。(それでも15〜20分は待ったかも)

店内の様子




店内にはテーブル席はなく、カウンター席のみで肉を焼く煙がモックモク。笑
自由に利用できるロッカーもちゃんとあるので、服が煙くなってしまうのが嫌な人にも優しいですね。

メニューはジンギスカンしかありません


もちろん白米とかキムチとかサイドメニューはあるけど、基本メニューはマトン(羊肉)の並肉・上肉・ヒレ肉のみ。あと肉と一緒に焼く野菜。



でも、それだけで十分なんです。めちゃくちゃうまい。ジンギスカンは臭みが少なくて、苦手な人でも食べられます。

できれば並肉ではなく、上肉とヒレ肉を食べるべき。
柔らかくてジューシーで最高です。



これが上肉。



表面がこんがり焼けたら中はレアでももう食べてOK。これがめちゃくちゃうまい。

一緒に行ったメンツで「むかしマザー牧場でジンギスカン食べたけど臭みが苦手で食べられなかった」という人も、ここでは「うまいうまい!」とモリモリ食ってました。

最後のシメはお茶漬け


だるま秘伝のつけダレがすごいおいしいんですが、お肉を食べ終わったあとにこのタレを白米にかけてお茶漬けにして食べるという裏メニュー的な食べ方がまた通な感じで楽しめます。野菜や肉のエキスや油がしみだしたつけダレのお茶漬けは他では味わえない逸品。


おわりに


今回初めて札幌に行きましたが、ジンギスカンはここを選んで正解でした。
ぜひお試しあれ。

札幌ジンギスカンだるま
所在地/札幌市中央区南6条西4丁目仲通り 野口ビル1F
営業時間[ 全 日 ] 17:00~翌5:00(オーダーストップ30分前)
定休日/年中無休
席数/26席(カウンター席)
交通手段/札幌駅から南北線「すすきの駅」下車、徒歩10分
駐車場/なし
予約/なし
http://best.miru-kuru.com/daruma/index.html



音楽制作についてのご相談・ご依頼や、音楽をテーマにした記事執筆のご依頼などのお問い合せはこちらへどうぞ。

プロフィールはこちら

ブログの更新状況・新曲の投稿・その他近況などなどつぶやいております。
質問や相談、お問い合わせなどもお気軽にリプライやDMからどうぞ。


0 件のコメント :

コメントを投稿