音楽やDTM、Macなどを中心に管理人サクママタタが気になることを紹介するクリエイターのためのブログメディア。

2017年3月10日

クソつまらない占い師から学ぶ5つの「ダメな仕事」



先日、フラッと手相占いに立ち寄ってみたのですが、ボッタクリの占い師に当たってしまいめちゃくちゃ後悔しました。。


とんだハズレを引いてしまったわけですが、こういうハズレ対応って占いだけじゃなくていろんなお店やサービスで起こりうることだと思います。
今回はそんなクソつまらない占い師を反面教師にして「こんなことはしちゃダメ!」を学ぼうって話。


①有料オプションをぐいぐい押しつける



まず、案内されて席に着くと「手相だけだと1000円だけど、今日は星占いとタロットもやるから3000円ね!」って言われました。
こっちから頼んでもない有料オプションをいきなりバーンと押しつけてくるお店やサービスってふつうに嫌ですよね。笑

お客さんが「どのくらいの予算で」「どんな商品を求めてるか」をきちんと把握するのはすごく大事だと思うんだけど、そこをすっ飛ばしてこられるとちょっと引いちゃいます。。

この時点ですでに怪しいんだけど、ネタになりそうだったからとりあえずそのまま占いを受けることにしました。(この選択が運の尽きでしたw)

②仕事のツールの使い方がおかしい



占いが始まるとはじめに生年月日を聞かれたので答えたら、占い師がおもむろにスマホを取り出してアプリを立ち上げたんですよね。
で、僕の生年月日をアプリに打ち込んでなんか調べ出しちゃったんですよ。

どうやら生年月日を入力すると年齢と干支が出てきて、そこから星占いの結果が表示されるみたいです。それを読み上げてくれました。笑

検索中はもちろんリアルタイムで待たされます。
そのアプリ自分でとって占ったほうが早そうなんだけど?


あきらかに仕事のツールの使い方がおかしいパターン。出ました。

お客さんはその人の専門性や高いスキル、サービスのクオリティにお金を払うんです。

ネットで調べればすぐわかること、CD聴けばそれで済むこと、アプリで調べればすぐわかることなら、わざわざ直接足を運んでまでお金を払いません。

占い師がアプリで堂々と占いの内容を調べてるのを目の前で見せられるお客さんの気持ちを考えたことはないのか、不思議でしょうがない。。

③要望に応えてくれない



最初に「どんなことを占いたいですか?」って聞いてきたから「来年の運勢」って答えたのにぜんぜん聞いてない結婚の話ばっかりしてきました。そんなに困ってるように見えたんでしょうか。。笑
そのあともこちらの話すスキを与えずしゃべり通し、占いと持論を展開しまくってくれました。。

相手の要望を聞き入れず、自分の思うままに勝手に仕事を進めていくのは客商売やクライアントワークとしてはダメダメです。。
信頼関係にある状態での仕事で、相手から「あなたにお任せします」といった意思を確認できているならいいかもしれないけど。

仕事を進めてる最中も、現状の方向性で良いかどうかきちんと確認するのは重要ですよね。


④接客スペースが散らかってる




占ってもらってる間ずっと気になってたんだけど、机が散らかってるんですよね。
占い本の切り抜きみたいな資料?がいっぱいファイリングしてあって、それらが机に散乱してました。

たまにその切り抜きを漁って読み上げたり、「ほら、ここにこう書いてあるでしょ」って見せてきたりします。笑

タロット占いをやるときに机に布を敷くんだけど、その散乱した資料の上に敷いちゃってボコボコしてるし布もグシャグシャで全然タロットに集中できません。
こういうのすごい気になるからほんとやめてほしい。。

お客さんを接客するスペースが露骨に散らかってるのはいい状態とは思えません。
お金を払ってくれるお客さんにはなるべくストレスを感じさせず、快適でいてもらう工夫をきちんとするのが礼儀なんだな。と改めて考えさせられました。

⑤仕事のヌケがひどい




星占いとタロット占いを終えると、すぐさま「はい、じゃあ3000円!」とニコニコ。

おや、手相占いはどこにいっちゃったのかな??? 
「手相まだ見てもらってないんですけど、、」と言うと、「あぁ、はいはい」などと言いながら一応見てくれました。

手のひらパッと見て、手相線2〜3本をまくし立てるように説明して「はい、じゃあ3000円!」とニコニコ。たぶん、お客ひとりあたりにかけられる時間は20分とか決まってるんでしょう、無理やり終わらされた感じでした。笑

 
「あなたが納得したかは知らないけど、所定の時間分・作業量を仕事したからお金ちょうだい」って言われちゃうと、あぁもうその人には頼まないですね。
逆に「自分の仕事が相手にとって支払った金額相応かそれ以上の価値を生み出すこと」をきちんと考えてくれていたら、またこの人にお願いしよう!と思います。

そういうプロ意識はお客さんの信頼に直結してるので、リピーターのお客さんが多いってことはここがきちんとできてるんだな、と思うわけです。

 
ちなみにしぶしぶ3000円渡そうとしたら「あ、3000円プラス消費税ね!」と言われました。税込価格じゃねーのかよ。。

こういうのも消費者目線だと「え、なに?表示価格じゃないの?」って思われがちなので、あとだしで税別料金と伝えるのも気をつけたいところ。

おわりに


ここまで読んで頂いてお分かりかとは思いますが。
そうです、なかばクレームです。 笑

ここまでひどい商売してる人はそういないと思うけど、「人のフリ見て我がフリ直せ」とはよく言ったもので、僕も音楽のお仕事のご依頼などをいただく身として自分こそきちんとできているのかを見直すいい機会でした。

って思わないとぼったくられた気しかしないからな!!!!!笑

それでは今日はこの辺で。



音楽制作についてのご相談・ご依頼や、音楽をテーマにした記事執筆のご依頼などのお問い合せはこちらへどうぞ。

プロフィールはこちら

ブログの更新状況・新曲の投稿・その他近況などなどつぶやいております。
質問や相談、お問い合わせなどもお気軽にリプライやDMからどうぞ。


sakumamatata.com

0 件のコメント :

コメントを投稿