トラックメイキング - キモかっこいい!Djent(ジェント)/メタルコアっぽい曲の作り方

今日はメタルヘッズのみんなのためにDjentっぽい曲の作り方について書いてみます。


Djentしてる?


そもそもDjentってなに?


そんな方のために。
解説しよう!Djentとは?

ジェント(英: Djent) は、プログレッシブ・メタルより派生したヘヴィメタルのジャンルの一つ。7弦ギターもしくは8弦ギターの低音弦上でのパワーコードとブリッジミュート(倍音を抑え、低音を強調するために用いられる奏法)によって得られる独特なディストーションサウンドを擬声語として表したものである。(wikipediaより抜粋)

このDjentって言葉は歪みまくったギターでブルータルなリフを弾いたときの「じぇんっ」って音からきてるみたいです。なんかかわいい。

元はメタルバンドMeshuggah(メシュガー)のGt.フレドリック・トーデンダルによる造語として発生し、Periphery(ペリフェリー)の同じくGt.ミーシャ・マンソーによってインターネットを通じて一般的になったとか。
なるほど。2ch用語じゃないけど、ネット派生のスラング的なノリで広まった名称なんですね。

Djentの音楽的特徴


音楽的にはスラッシュメタルやニューメタルなどにルーツを持つようなサウンドで、エグい低音チューニングで粘りのあるトリッキーなギターリフや、プログレの流れを継ぐ変拍子などが特徴です。

Dream Theaterとかは古参のプログレメタルバンドなんですけど今聴いてみるとやっぱり通ずるものがあるんで、今の若いDjentをプレイする若者たちにも先人たちの音楽が脈々と受け継がれていってるんだなーと。

一般的にはギターって6弦なんですけど、こういったジャンルではよりエグくて低い音を出したいために7弦や8弦ギターを使って引くぐらい低いチューニングで予測不能なリフを弾きまくるのがかっこいいんです。笑



Djentの祖(?)メシュガー様。
曲はエグいんですが、MVはなんだかお茶目です。
海外のギターフォーラムでは「メシュガーみたいな音を作りたいんだ!」っていうメタルヘッズをけっこう見かけます。影響力があるんですね。



メタルコアとDjentは親密な関係で、最近ではメロディーのある聞かせるパートもしっかり取り入れてキャッチーさも。
このPeripheryってバンドはデビュー当時のアルバムをすべて自分たちで制作してミックスなども自宅のベッドルームで完結していた、ということでも話題になりました。



この曲なんかは初期のアルバムの、まさに自分たちで制作していた頃のもの。
メシュガーに対して、メロディアスなキャッチーさやグリッチサウンドなんかも取り入れててて今っぽいですね。

こんなの出来ました


さて、僕もDjentっぽい曲作ってみたんですがどうでしょうか。



曲のアイデアはごくシンプルに、超ドロップチューニングの単音リフでゴリ押し。
音作りにちょっとこだわりました。

次の項目で詳しく解説していきます。

Djentっぽく作るときのコツ


ドロップチューニングは必須
まずはとにかく超ドロップチューニング。
ドロップCから下くらいじゃないと雰囲気出ないですね。
ゴリゴリでいきましょう。


今回も「Shreddage II」を使って作ってます。
ドロップGの7弦ギターの音源なのでバッチリ。

ソフト音源ではなく実際にギターを弾く場合はやはり7弦〜8弦ギターの方がワルい音出せていいですね。

ギターの音作りはチューブスクリーマーがミソ
チューブスクリーマーと呼ばれるエフェクターはオーバードライブ/ブースターとして多くのギタリストに愛用されています。



これがチューブスクリーマーの中でもおそらく最もポピュラーな「TS9」というエフェクター(実機)。

「全然メタルちゃうやん」と思ったキミ、甘いぜ。

強い歪みを得るためのディストーションとしてではなく、ギターのヘッドアンプのドライブをより活かすブースターとして使うことで原音を歪ませすぎることなく中域のグッと持ち上げてパンチのあるサウンドを作ることができるのです。



ちょうどこんな感じで。
上の動画と比べると、同じエフェクターで音作りしてるとは思えないですね。笑

実はこのチューブスクリーマーをエミュレートしたプラグインエフェクターが無料でゲットできるんです!

 
TSE Audio - Software

TS808というTS9の前身エフェクターのエミュレートですね。
WindowsもMacにも対応してるしフリーだし使いやすくてとっても優秀な子。

ぜひお試しあれ。

イコライジングは中域強めで
最近のメタルコアでは特に顕著ですが低域をある程度までバッサリ切って、中域の硬い部分をグッと出してる音作りが多いと思います。

EQを使ってなんとなくこんな感じに。


画像はLogicX純正EQです。アナライザーもついてて超便利なのでお気に入り。

おっと、それはさておきイコライジングですね。
ハイパスで120Hzくらいまでバッサリ、ローパスも7000Hzくらいまでバッサリ。
中域を500Hzと1600Hzあたりをなんとなく持ち上げてみました。

このEQをもっと狭めて中域によりフォーカスすると、冒頭のラジオサウンドっぽいギターリフみたいな音になります。 

ベースも歪ませよう
ベース音源はLogic付属のEXS24のプリセットですが、アンプシミュレーターで歪みを作ってます。ジャンル柄やはりベースも歪ませたほうが雰囲気が出ます。



おすすめなベースアンプのプラグイン。
製品版は49ドルですが、無料のDEMO版でもそこそこ遊べます。
Bass Grinder » Audio Assault


粘りのあるリフと変拍子感
ねばっこい単音のリフ一辺倒で進んでいくのですが、拍の取りにくい気持ち悪いノリをちょっと足していくと良い感じに。
Djentはルーツにプログレを持っているので、変拍子とか拍の取りにくいリズムなんかが入ってくると雰囲気が出ます。

おわりに


さて、ここまで書いてて思ったけどDTMでDjentを作ってる人が他にどれだけいるんだろう?まだあんまり見たことないですね。
これから増えるかな。無理かな。

ちなみにPeripheryじゃないけど日本でもこういうジャンル界隈のバンドで、メンバー自身がすごく高いクオリティでRECからMIXまでこなしてる超人もちらほらお見かけしますね。恐れ入ります。。


今回書いた内容は打ち込みだけじゃなくて生楽器のミックスにも応用できるので、ぜひ使ってみてね!

それじゃ今日はここまで!ばいばーい!


おまけ






音楽制作についてのご相談・ご依頼や、音楽をテーマにした記事執筆のご依頼などのお問い合せはこちらへどうぞ。

プロフィールはこちら

ブログの更新状況・新曲の投稿・その他近況などなどつぶやいております。
質問や相談、お問い合わせなどもお気軽にリプライやDMからどうぞ。


0 件のコメント :

コメントを投稿