映画「ジャージー・ボーイズ」を見てきた

伝説のボーイズグループ「フォー・シーズンズ(Four Seasons)」の栄光と挫折を描いた大ヒット・ブロードウェイミュージカルをあのクリント・イーストウッドが映画化した「ジャージー・ボーイズ」を見てきました!





もう結論から言うとめっちゃいい映画です!!
スーッと入って心に届く起承転結と、音楽・音響へのこだわり、見終わったあとの清涼感。すごくいいです。
元はブロードウェイミュージカルとのことですが、この映画はミュージカル映画ではなく実話を元にしたストーリーがメインで随所に歌唱シーンが盛り込まれているといった感じ。

正直言ってフォー・シーズンズってすごい昔(1960年代)のグループなので、俺自身もそんなに詳しくないのですが、そこは世界で1億枚のセールスを記録した伝説的グループなだけあって映画中に登場する曲はほとんど「あーこの曲ね!」っていうのから「え、これもそうなの?」みたいな感じでほとんど無意識に知ってるものばかり。




すごくポップでスウィートな歌が多いグループなのでイメージにないけど、駆け出しのころはギャングの一員として犯罪を繰り返していた様子も描かれているシーンもあったり。

個人的にびっくりしたのは、タモリ倶楽部でおなじみの「Shorts Shorts」はメンバーのボブ・ゴーディオが作った曲だということ!


彼はとても優秀なプレイヤーで、かつ超一流のソングライターとして物語中でも活躍します。
最初は音楽にストイックな童貞の青年として登場するんですが、時間とともにだんだんイケメンになっていき(笑)終盤の殿堂入りのシーンでは「僕の存在なくしてフォー・シーズンズの成功はあり得なかった」と強気に語る、非常に優秀で魅力的な人物だと思いました。憧れるわ。

1本の短い映画のなかで成功と苦悩、多くの教訓と素晴らしい音楽が詰め込まれていて最後まで楽しめました!
フォーシーズンを知ってる人も、知らない人も楽しめる良作です。
すげーオススメっす。

P.S.
最近、音楽映画にハマっているので、なにかオススメがあれば教えて下さい。